加圧トレーニングでダイエット|効果を高める秘訣

メカニズムと効能

男女

加圧トレーニングは腕や腰や足に専用のベルトを締め付けることで加圧して、血液量を調整して筋肉をつけるトレーニング法のことです。加圧することで筋肉が反応して筋肉が動きます。この筋力アップがダイエットにも効果的なのです。何故締め付けることがダイエット効果につながるのかというと、そのメカニズムを説明すると、次のようになります。人間の身体は締め付けられると血液の流れが滞ります。そのため、全体の血液量が制限されることになります。この状態が続くと体内の乳酸濃度が高まります。そうして、ベルトをはずしたあとに高濃度で蓄積された乳酸が体内に放出されます。そうして、成長ホルモンが分泌されてダイエット効果になります。

加圧トレーニングで筋肉量が増えるとエネルギー消費量が増えて脂肪が燃焼されやすくなり、健康的にやせることができます。こうした健康的なダイエット効果だけでなくアンチエイジング効果もあります。それは血流を制限して行う加圧トレーニングが血管の拡張に効果があるからです。血管に弾力性が持つようになり栄養素が体内にめぐりやすくなります。そうして、成長ホルモンの分泌の促進につながるというわけです。それ以外にも肩こりやむくみの解消や便秘解消といった効果もあります。加圧トレーニングと並行して有酸素運動を行うとダイエットにさらに効果的です。ただし、筋肉がつきすぎたら見た目が太く見えますので、やりすぎには注意が必要です。